2008年 03月 16日 ( 1 )
lavoire
c0149767_29247.jpg数日ぶりにibookが起動した。これがないと日本語が打てないので困る。一応自分が分かればいいと思って書いてるので、時間はかかるだけで問題はないのだけど、このブログを読んでもらっている人には申し訳ないです。

曇りの一日。雨がパラパラっと降ったり止んだり。街に植えられてる桜は今まさに満開。他の植物達もつぼみをつけている。そのうち緑で一杯になるんだろうな。

図書館でフランスにある共同洗い場の本を見る。水場があり、屋根がある。水は引かれてきたり、屋根を利用して貯めているところも(ポンペイの建物のよう)ある。この写真集の洗い場には人がいない。もちろん建築として撮っているので、人は排除されている。もしくは、もう使用されてないのかもしれない。ただ人の気配、記憶は残ってるような気がする。そして、このような風景になぜか惹かれてしまう。タルコフスキー監督の『ノスタルジア』>のワンシーンを思い出した。
[PR]
by shinichitakeda | 2008-03-16 02:09