<   2009年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧
PREVIEW 2010
c0149767_175875.jpg


もうすぐ2010年へのカウントダウン。新年最初の展示がネット上で始まります。
フランスの僕の住んでいた街、ブールジュの大学内にあるギャラリーWHITE CORNERSが主催する「PREVIEW 2010」です。
簡単に言うと、2010年に実現しようと思っているプロジェクトを発表するというもので、抱負というよりもっと具体的なteaser(予告)です。
これで年明け早々に、2010年にアーティストがどんなことをするのかが分かります!フランスとは8時間差なので、日本時間の1月1日、朝8時からスタートしますので、みなさんチェックしてみてくださいー。

参加アーティストは、
Beagles & Ramsay, Neal Beggs, Jeremy Boyard, Oliver Braid, Nils Guadagnin, Ellie Harrison, Ikumi Hiruma, Elodie Huet, Alice Ladenburg, Didier Mencoboni, Adrien Missika, Emilie Pitoiset, Benjamin Serror, Yann Sérandour, Shinichi Takeda, Hervé Trioreau, Elfi Turpin & Kristina Solomoukha
です。

今年も色々な方にお世話になりました。来年もどうぞよろしくお願いします。

展示はこちらからご覧になれます⇒


(以下、WHITE CORNERSのサイトより転載しています。)
PREVIEW 2010

Dear Friends of White Corners,

We hope that you are enjoying the end of 2009 and that the coming year promises good things for you.

On the cusp of the new decade, we look to the future, with a prediction of what 2010 holds in store...

Because on every January 1st ''everything is possible again'', White Corners invites you to present us with the title, sketch, plan, picture, explanation of a provisional project you will realize in the coming year. All of your answers will be part of the exhibition PREVIEW 2010 which will start on January 1st at midnight on the White Corners Website. This internet exhibition comprises a listing of texts and visuals which support the project you will aim to produce, giving a preview of 2010.

And don't forget, it's what we make of 2010 that will make 2010 even better!

Anyway, Happy new year.

Camille Le Houezec & Joey Villemont
It's our playground for White Corners

[PR]
by shinichitakeda | 2009-12-31 17:05
シェ・ドゥーヴル展始まってます。
c0149767_21314361.jpg

c0149767_21325016.jpg

北浜にあるお店、アトリエ箱庭さんの展示風景。東郷青児が描いた「怖るべき子供たち」の登場人物のエリザベートの肖像が見えます。
c0149767_2133811.jpg

Je ne bougerai pas de la galerie.
250x200x50cm
本、塩ビパイプ、粘土、ベル、トンボ玉、釣り糸、釣り針、バネ、陶器
2009

Je ne bougerai pas de la galerie.
250x200x50cm
book of "Les enfants terribles" by Jean Cocteau, PVC pipe, clay, ceramic, bell, glass bead, spring, fishing line, fish hook, chamotte
2009

僕はリヨンの蚤の市でたまたま見つけた「怖るべき子供たち」の本を使ったインスタレーションを展示しています。
主人公のポールがアガートに宛てた手紙の一文、”僕はギャルリーから動かない”という一文から、実際に本を動かなくさせました。粘土に塩ビパイプ、そして粘土の縮み分を補うバネを利用して本を止めています。
c0149767_21333196.jpg

本からはベルが釣り下がっていて、本が落ちるとこのベルが鳴る仕組みです。
c0149767_21334152.jpg

[PR]
by shinichitakeda | 2009-12-26 21:34
アトリエ箱庭
c0149767_4423640.jpg


大阪にあるカフェ、chez d'oeuvre (シェ・ドゥーヴル)で行われる展示でインスタレーションを発表します。今回は年明けに発行される「ジオラマーキス第3号」の刊行前夜祭として、その特集でもあるコクトーの「恐るべき子供たち」についての作品をつくります。期間中には他ではなかなか味わえないようなイヴェントもありますので、是非一度足を運んでみて下さい。

2009年12月21日~27日
アトリエ箱庭
ジオラマーキス第3号刊行前夜祭
「特集 恐るべき子供たち」

chef d'oeuvre (シェ・ドゥーヴル)
大阪市西区阿波座1-9-12
tel/fax 06-6533-0770
月~金 9:30~23:00
土 12:00~23:00
日・祝はお休み


EVENTS
●12/23
「額縁の中のコメット・ショー」
c0149767_524485.jpg
戦後日本に一大センセーショナルを巻き起こした『額縁ショー』は、
当初は画家 東郷青児や友人のモダニスト達により、前衛的な舞台表現として、
エスプリを効かせたモダンなショーとして演出されていました。
そのショーを裸婦デッサン会としてアレンジ。
コメット・ショーのパフォーマンスは、シモーヌ深雪氏のシャンソンをお愉しみ下さい。

17:00~ 裸婦デッサン会 (アトリエ箱庭特製カルトンプレゼント!)
19:30~ シモーヌ深雪
3000円 (シャンパン付)
新谷岳大氏によるスペシャルオードブルあり(別料金)

詳しくはこちら










●12/24
シェ・ドゥーブルの5周年
オリジナルショコラプレゼント!

●12/26
アッソンブラージュ番外編
出演: Berry Berry, Miss OLIVE, MiMo DX
21:00~
2500円 (シャンパン+ビスキュイドシャンパーニュ付)
[PR]
by shinichitakeda | 2009-12-19 04:54
「道路と庭」始まりました。
c0149767_3342532.jpg



「道路と庭」展が始まりました。僕の陶器でつくった立体も無事設置が終わりました。比留間さんの陶器も前回よりさらにシュールで不思議なコラージュになっています。
作家二人とも期間中の金・土・日には会場にいますので、是非観に来てくださいー。

こちらより展示風景がご覧になれます!


c0149767_3493927.jpg


「道路と庭」 終了しました。来て頂いた皆さんどうもありがとうございました。
比留間郁美と武田晋一の展示会
2009年11月25日(水)~12月6日(日)
(*期間中の月・火はお休みです)
12:00~20:00

shop&gallery FALL
167-0042 東京都杉並区西荻北3-18-10-#102
地図はこちら

12月5日(土)にはライヴがあります!
19:00 オープン
1500円+飲みもの代
場所:FALL

出演
舩橋陽(チェロ)
高橋ピエール(ギター)

*以下FALLのサイトより転載しています。
● 舩橋陽(ふなはしよう)
1995年から主にサキソフォンによる演奏活動を開始。現在は即興演奏によるソロやセッション、自身が主宰するユニット・SHERPAなどで活躍。その他、大橋可也&ダンサーズ、ポポル・ヴフ、ニブロールなど、コンテンポラリーダンスカンパニーへの楽曲提供や演奏参加も多い。またファッションレーベル「NO CONTROL AIR」の展示音楽なども手掛けている。
(個人的に舩橋さんとはどこかしらでよくお会います。CDはサックス演奏の「Tone Drawing」であったり、生楽器をラップトップで再構築したミニマルな作品、「RIA」であったり、僕の聞きたい音楽のヴェクトルにぴったりな作品ばかりでした。新作がとても楽しみです。)

● 高橋ピエール
音楽家、主にガットギターなどを演奏。またピエール・レコードを主宰し、2ndアルバム『ア・トンノレイユ』をリリースしたばかり。また写真家の川内倫子さんのスライドショー(パリカルティエ美術財団所蔵)のための音楽制作や、ファッションブランド「minä perhonen」での店頭ライブなど、幅広く活躍している。
(ピエールさんは去年も演奏していただいきました。音楽はスーッと空間に溶け込むようで、聞き終わった後には勝手にメロディーを口ずさんでいるような中毒性も持ち合わせています。またお会いできるのがとても楽しみです!)
[PR]
by shinichitakeda | 2009-12-06 03:22