人気ブログランキング |
2008年 09月 21日 ( 1 )
白について
c0149767_0401678.jpg
公園まで散歩に出かける。歩いてると、落ちてる羽に目がいってしまう。万が一と思って持って来ていた袋に入れ始めと、もう止まらない。昨日と同じように集中して拾うことに。途中、怪しいと思われたのか、2、3人の人に声をかけられた。最初の人は、キノコを採ってるのかと思ったらしい。危ないキノコがあるから気をつけるようにとのこと。次の人は、それで何をするの?と聞いてきた。一応、作品になるんです。とは言ってみたものの、自分でもまだぼや〜ッとしか見えてない。何と応えればいいか、色々考えながら拾い続ける。名刺でもあれば、そのうちここに作品をアップしますと言えるのだけど。

白って不思議だなと思う。落ちている羽の色は白、灰、黒の三色。白、黒は色だ、と去年の講義で印象に残っている。色のない世界というのは、すべてが灰色に見えるらしい。白は浮かぶ色。雲に、タンポポの綿毛。軽やかさ。ご飯や小麦は白い。毎日食べても飽きない色というのがあるのなら、どうしてその色なんだろう。

公園に到着すると、guinguette(ギャンゲット。音楽があり、踊れるところ)がやっていた。毎週日曜になると、おじいちゃん、おばあちゃんが集まり、楽しそうに踊っている。ちゃんと生演奏で、サルサやボサノヴァなんかが流れる。見てるだけで優しい気持ちになれる癒しの場。帰り際、”私は偶然にもヒーローだった〜”とニューウェイヴ調の曲が聞こえた。
by shinichitakeda | 2008-09-21 00:39